サックス練習のモチベーションを上げるために私がしていること7つ

今回はモチベーションの話です。
練習したい、練習して上手になりたい、練習を通してジャズをもっと好きになりたい
そんな夢があって日々練習しているのですが、毎日やる気に満ち溢れていることはないですよね。

そんな時に私がモチベを回復させるために行っている方法を整理したいと思います。

 

Youtubeでジャズを聴く

やはり練習したい!って思うのはジャズを聴いている時が一番多いかと思います。
普段からジャズを聴いているので常にジャズのモチベを上げているといっても過言ではないので、普段の日常から常にジャズを聴きまくる生活をしている人間はそもそもモチベが下がりにくいというのがあるかもしれない。

たまにしかジャズ聴かないという人はきっと毎日練習なんてしないのではないでしょうか?「毎日練習したい」という人であればまずは「毎日ジャズを聴く」ということをベイビーステップにしてみてはいかがでしょうか?

なんでYoutubeでジャズを聴くと書いたかというと、いつも持ち歩いている音源ではつい同じアルバルやアーティストを再生してしまいがちです。
それでも聴かないよりはよいと思いますが、youtubeでだらだらと動画巡りをしていると、「この曲いいな」「この人かっこいい」とか新しい発見があるんですよね。

私はそうして新しい曲とか見つけるとすぐに自分で吹いてしまいたくなるので、それをきっかけに何時間も練習してしまうことがしばしばあります笑

 

Jpopでもクラシックでも好きなフレーズ、曲を吹きまくる

たまにはビートルズを吹きたくなる時もあるし、私はaikoが好きなのでaikoの曲をサックスで吹いたりしてたまに遊んだりしています。それはジャズの練習とは関係ないことかもしれないけど、サックスを楽しむ、音を楽しむこととしては共通していると考えます。

iRealでビートルズのマイナスワンをバッキングを流すことができますし、aikoや自分の好きな曲なんかをiRealでコードを自分で打ち込んでもいいですよね。
そうして音を楽しんでいるうちに耳も鍛えられるしサックスのモチベも上がるしいいことばかりですね。

 

理論書、教則本を読む

毎日何時間も練習できる人はそれだけ毎日やることが明確になっているというのがあるはずです。
私の場合でも、スケールの練習だけで2,3時間過ぎることがあるのはそれが大切なことだと十分に理解しているからです。

初心者のころを振り返ってみると、基礎練習はすべて合わせて30分もかからない、すぐに曲やエチュードを吹き始めてしまうという練習方法をしていました。それは基礎練習がつまらないからではなくて、長くて30分でもうやるべきことが分からなくなっていたからだと思います。

何が自分には必要なのか?何を覚えなくてはいけないのか?
といったことが明確に分かっていれば「やらないとやばい」という状況になり練習したい欲がどんどん溢れてくるはずです。

そのためにはジャズ理論、教則本などで様々な知識を吸収することで、やるべきことが沢山あるのだと分かるはずです。

人間はやるべきことが明確だと行動するのは容易です。逆にやることが分からないと行動するのは難しいです。

 

ブルージャイアントを読む

定期的に読み返しているマンガですね笑
大という主人公がジャズジャイアントを目指してジャズをするというマンガになるのですが、これがまたモチベーションを上げさせてくれます。

主人公の練習への気合の入れようや、夜中まで練習する姿勢とか、自分と照らし合わせて焦りを感じてしまいます。

大のセリフにこんなのがあるのですが
「今日はスケールだけやる」
こんなことやりますか?普通途中で疲れてしまいますよ><

マンガを読んで自分も同じくらい練習してやるぞ!って読み返すたびに思います。
それくらい即効性が高く、何回でも使える方法ですのでジャズ大好きで読んでいない人であればオススメです。

 

あと今でも忘れることができないセリフが一つあります。
第五巻でユキノリが「手癖フレーズで適当にやっていて、ジャズやってます!っていうのは糞」みたいなことを言っていました。

このセリフを見たときに衝撃が走りましたね。まるで今までの自分じゃないか、、、
それから曖昧な理解しかしていなかったジャズ理論について学ぼうと思い今でも学び続けています。

それと手癖をずっと続けていると分かるのですが、ソロ吹いているときに「自分同じフレーズしか吹けないなあ」って気が付きますよね。

楽器の調整に出す

私はサックスを調整に出すのが好きではありません。だってサックス調整に出したらその間吹きたくなった時に吹けないですからね、、、
でも一週間とか吹けない期間を自分で強制的に作るというのもモチベの観点からみて良いかなと思いここに書きました。

一週間溜まった吹きたい欲を楽器が帰ってきたら思う存分発散する。そして調整されて帰ってくるからいつもよりも吹きやすい、さらにサックスが好きになる。
この循環を3か月に一回挟むだけでもサックスをもっと好きになれると思います。

いづれ二本目のサックスも欲しいなと思ってますが、浮気するみたいでちょっと迷っています。でも2本あると便利ですよねーきっと。

 

プロの演奏を聴きに行く

本当にたまにしか聴きにいかないのですが、聴きに行くと大体「やっぱジャズ良いな」ってなりますね。
そして同じサックスがいればその音色やフレーズ、音の圧など参考にできるところがたくさんありますので、すぐに自分のものにしてやりたい!となります。

ジャズが大好きな友人と聴きに行くことが多いので会話もジャズ関係になりますので、その夜はずっとジャズを浴びることになります。

 

練習する

最後は練習することです。
今日は10分だけ練習しようと思っても気が付いたら一時間たっていたなんてあるあるだと思います。
なので強制的に練習したいのであれば、とりあえず楽器を出す。というのを目標にしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

思っていた以上にモチベを上げることを日々やっているなと感じました。
この無意識に日常に取り込めている量が多いとモチベも維持されやすいのではないでしょうか?

やる気というのはやらないと出てこないものだと言われています。
今まで述べてきた聴く、学ぶというのもジャズをしていることですよね、何かしらジャズに触れないとやはり駄目なんですよ。

 

毎日ジャズってる生活送っていきましょう。
最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です