人の目が気になって管楽器の練習をできない人がいるらしい

私は長い間どこかの団体に所属していましたので練習する場所というのは確保されていました。今思えばとても恵まれていますよね。
でもそのようにどこか所属していない人もいるし、初心者で始めた人なんかだと練習場所に困るし、どこで練習すればいいのか分からないですよね。

なので参考になったらいいなということで、私が実際に練習している場所を一つづつ書いていきます。

大学の練習部屋

これはもしかしたら不法侵入になってしまうかもなので、OBOGなどサークル関係者としてでないと使えない方法ですが、大学のピアノ練習部屋とかにお邪魔させてもらって練習をたまにしています。
もちろん後輩がいればセッションもやりますし、サークルに顔を出すついでに練習もという口実がありますのでそこまで罪悪感ないですが、その大学の卒業生でないだったり、後輩と仲良くないだったら使えない方法ですね…

セッションもできるし、同じように練習している人もいたりするので、聞こえてくる音に負けないように自分も練習に熱が入ったりするのでかなりオススメです。

自宅ガレージ

最も多いかもしれない私の練習場所です。
自宅のシャッター付きのガレージの中に籠ってひたすらに練習しております。夏は暑いし、冬は寒いしで大変ですが、遮音性もきっと高いので練習といえばガレージに行くようにしています。
比較的田舎なほうでガレージがある人も限られているかもしれないので、誰でもできる、、、とはいかないですよね><

 

車で吹く

車で吹くんですけど、車の中でじゃないです。帰宅とか通勤などの途中に人がいなくて民家もないところなどがあれば、そこに車を停めて練習することもできますよね。
比較的田舎のほうであればどこでもそんな場所ばかりなので練習する場所には困りませんよね。近くに家がないことを確認することが重要です。

 

カラオケで練習する

場所によっては楽器練習OKの場所もよく見ますよね。そういうカラオケであれば都内でも長時間練習できるはずです。でもそこまで楽器持っていくのも大変ですよね。理想としてはやはり家の中に練習スペースが確保できれば一番なのですが、、、

 

防音個室を購入する

ヤマハなどで販売されている防音の個室をいっそ購入すれば都内でも自宅で好きなだけ練習できますよね。
値段はそこそこしますが、自宅で好きな時に好きなだけ練習できるとなれば安いものかもしれませんね。

私もガレージに行くのが面倒なので自室に一番小さいやつでいいので欲しいです。

 

人の目が気になって練習できない

初心者や中途半端な中級者(私とか)に多いと思うのですが、人の目が気になって練習できないということがありますよね。
私も大学の個室で練習させてもらうときなどはジャズ研究会の人だけでなく他のサークルの人、大学の人に音が漏れて聞かれているのではないかと最初はびくびくしていました。

ジャズ研究会の人では先輩とか同級生などに「未だにあんな練習しているよ」とか思われそうで怖かったです。でも毎日毎日練習していると、そんなこと気にすることも無駄だということにすぐ気が付きます。

最初のころは練習でも誰かに聞かれているかもしれないと、かっこいいフレーズとかできることを何回もこなすとか無駄な練習をしていました。本当にアホですよね笑
そんなことよりも練習ではできないことをできることにするのが最も重要なのだから、できないところをいくら聞かれても問題ないと割り切らなくてはいけません。公園など人がいる所でスケール練習をひたすらやるのは恥ずかしいとか思ってしまいますが、それが今自分に一番必要な練習であるならやるしかないのです。

誰も意識して聞いていない

そもそも誰も他人の練習なんて意識して聞いていないですよね。一人で練習していて先輩とか近所のおじさんとかがアドバイスしに来たらそれはそれでうざいですけどね、そんな人はスルーすればいいです。滅多にいないですし。

そのスルースキルがない、どうしても気になる。という人はやはり自宅でできる練習場所を確保する必要があります。個室買ってもいいと思いますよ。

 

終わりに

管楽器の練習場所ですが参考になりましたか?
このようは練習場所のまとめみたいな記事は検索すると結構出てくるのですが、いつも思うのが「住んでる地域や家」によって人それぞれ過ぎて結局参考にならない、もしくは答えはすでに出ているなんて感じですよね。

都会であればお金払って練習場所を確保するしかない、田舎であればどこでもできる みたいな感じです。

では今回はこれで終わりです。
駄文に付き合ってくださりありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です